住宅を高く売却するためのポイントは?

住宅を売りに出すと、見学客をお迎えすることになります。より高く家を買ってもらうために、どのような点に気を付ける必要があるでしょうか。リフォームや修繕はやっておいた方がいいのかなど、気になる情報をお伝えします。

リフォームや修繕はしたほうがいい?

住宅を売却する際、買い手の心象を少しでも良くしておくことが大切なポイントです。小さな修繕や点検はできるだけ実施しておきましょう。高額なリフォームまでする必要はありませんが、傷や汚れ、劣化した場所が目立つ場合は修繕しておくことで売却しやすくなります。ふすまや障子、クロスや網戸の張り替えなどは誰でもできる軽微なリフォームですのでやっておきましょう。白アリ予防として、薬剤の散布と床下の点検を実施しておくと買い手の心象が良くなります。高圧洗浄機を持っていれば、できる範囲で外壁の洗浄をしておくと印象度が高くなるでしょう。

新築時の図面や書類を用意しておこう

住宅の売却には不動産会社を仲介することが多いため、売却の相談や家の査定、販売活動などにおいていくつかの書類を用意する必要があります。住宅購入時に受け取った重要書類として、売買契約書や重要事項説明書、建築確認申請書・検査済書などがあり、紛失しないよう管理しておきましょう。登記事項証明書は、土地や建物の権利関係を示した書類で、管轄法務局への請求で手に入ります。土地の面積が記載されている土地測量図や境界確認書は、所轄の登記所で取得できます。その他、不動産会社から指示があった書類はあらかじめ準備しておきましょう。

家も第一印象が肝心

お見合いなど人の出会いと同じで、住宅売却も第一印象が肝心です。明るくて清潔な空間であることをアピールすることが大切で、玄関を開けた瞬間に第一印象が決まります。住宅を高く売却するためには、物が室内に溢れかえって乱雑な状態だと狭い印象を与えてしまうため、整理整頓をしてモデルルームのような印象を持たせるようにします。浴室や洗面所などの水回りは、水垢やカビ、鏡の曇りなどがあると生活感が残ってしまうため、念入りに清掃をし、見学時には乾いた状態にしておきます。水回りを清掃せずに普段の状態でいると、ハウスクリーニング代分を減額されることがあるため注意しましょう。

暮らしやすさのアピールも重要

売却したい住宅の周辺情報を含め、買い手に対して暮らしやすさをアピールすることも大切です。買い物のしやすさ、学校への行きやすさ、公共施設の利用しやすさなど、住んだ人だからこそ分かる地域の魅力や、マイナス面などを伝えられるようにしておきましょう。