住宅ローン滞納で何が起こるのか?

近年、経済情勢が安定しないことから今後の住宅ローンの支払いに関する不安を持っている人が多くなっています。
これまできちんと滞納せず支払ってきていた人でも、様々な理由から限界を感じてしまう人もいるかもしれません。
では実際に住宅ローンを滞納してしまった場合どうなってしまうのでしょうか。

銀行からの督促

住宅ローン滞納をすると、およそ1ヶ月から3ヶ月の間に銀行などの金融機関から金額の支払いを取り立てる督促状や催促状が届きます。滞納1ヶ月未満の場合は厳しく取り立てることはありませんが、2、3ヶ月、それ以上になると所定の金額及び遅延返済金の全額を一括返済してください、と言った督促状が届くようになります。
この段階では、滞納分の一括返済ができれば競売を防ぐことができますが、滞納を続けてしまうと競売を予告するような、更に厳しい利益の喪失通知が届くようになるでしょう。
また、数回滞納してしまうと銀行に相談しても応じてもらえなくなる可能性もあります。

期限の利益喪失とは

住宅ローンを組む際、銀行との契約の中で分割でローンを支払って良いという内容が含まれています。これを期限の喪失といいますが、住宅ローン滞納を3ヶ月から6ヶ月程過ぎてしまうと期限の利益喪失の通知が届きます。
期限の利益喪失とは住宅ローンを分割で払うという契約に違反をしたため、分割で払うという利益をなくしましたということです。
この通知が届いてしまった場合は、通知に記された期日までに残り金額を一括返済しなければなりません。
しかし、大半の人は払えないため銀行が債務者の支払い状況を把握した上で、保証会社に支払いを請求します。これを代位弁済通知といいます。

競売で家を失ったうえにローンが残ることも

代位弁済通知が届き住宅ローン滞納を続けた場合、裁判所から競売開始決定通知書が届きます。
この通知は債務者の自宅が差し押さえられたことを意味し、債務者は自宅を売却するなどの自宅に関する権利を失うのです。
その後、裁判所から執行官と不動産の鑑定士が債務者の自宅の状況について物件の調査をする、現況調査が行われます。
数ヶ月後、入札が開始され落札者が現れ、落札者が入金を済ませると物件の所有権が債務者から落札者に変わります。これで、全てが終わるわけではなく、競売だと通常の市場価格のおよそ6割から7割ほどで落札されてしまうため、落札された金額以上に保証会社に支払わなければならない可能性があります。

任意売却を検討するのも1つの方法

任意売却とは、住宅ローンなど借金の返済が困難になった場合、強制的に競売する前に債務者が任意で売却することです。
専門のコンサルタントが保証会社などの債権者と債務者との間に入り、債権者の合意を得ることができればローン残高を下回っていても住宅を売却することができる場合があります。