戸建の買取を依頼するならこれだけは知っておこう!

不要になってしまった戸建の買取を業者に依頼してすぐに現金化したいというときには、気をつけておかなければならないポイントがあります。
戸建の状態によって事前の対策が重要になる場合もあるので気をつけなければなりません。

築年数が20年以上経っているなら

戸建の買取を依頼する上で知っておきたいのが、築年数と査定価格についての考え方です。戸建の買取価格を査定するときには物件そのものの視察も行いますが、基本情報として築年数などに関する資料の提出も求められます。
その書面に基いて行われる簡易査定では築年数の影響力が大きく、20年以上経っている場合は建物には価値がないと判断されるのが一般的です。
むしろ、さらに古い建物が建っている場合には土地の査定価格から減額されることすらあります。建物の状態が良好な場合には訪問査定を受けてみて大幅に査定価格が上がることも多いので、築年数が20年以上になっているときには簡易査定をあまり当てにしないことが肝心です。

大幅な増改築をした住宅は

住みやすい戸建にするためにリフォームをする傾向が強まっていますが、大幅な増改築をした場合にも簡易査定があまり当てにならないので注意しなければなりません。
築年数や延床面積などの情報は与えていても、増改築の情報についてはあまり詳しく伝えられないまま査定されることになりやすいからです。
適切な改築を適宜行ってきた戸建は築年数の割に耐久性が高く、長く住めることがよくあります。実際に訪問査定を受けてみると簡易査定とはまるで異なる価格になることも珍しくありません。
逆に無理のある増築を行っているときには、大幅な減額になる場合もある点は心しておく必要があります。

業者によって買取価格の差が大きい理由

戸建の買取価格については業者間で比較してみるとかなり大きな差が生じます。地域によってどれだけの需要があっていくらで売れるかを細かく考えなければならず、その地域での適切な相場についてどれだけ詳しいかによって価格差が生じるのが一般的な傾向です。
また、販路がどれだけ多いかによっても影響されます。中には戸建の住宅自体には価値がなくても土地には価値があると判断し、買い取った後で解体して売るという方法を取る業者もあるのです。戸建の良し悪しを判断する基準も業者ごとに異なっているので同じ買取査定が出ることはほとんどありません。

複数社に見積もりを依頼しよう

戸建の物件としての良し悪しの判断基準が業者によって大きく異なるため、一つの業者に絞って相談すると後悔する可能性があります。
できるだけ多くの業者に相談して訪問査定を受けて見積もりを出してもらうのが高く売るためには必須です。