相続したアパート!売却するか経営するか?

アパートを相続すると家賃収入が勝手に入ってくると思い込みがちですが、上手く経営しないと損失を出すリスクもあります。ここではアパート経営の注意点などを説明していきます。経営するか売却するかを決める前にここをチェックしてみてください。

意外とリスクが多いアパート経営

アパートを相続すると、そのまま経営しようとする人も多いかもしれません。しかし、アパート経営は決してリスクがないわけではないのです。一番のリスクは空室リスクでしょう。アパートに空室がでると、家賃収入が減ってしまいます。
当然、修繕改築費の積み立てが減りますので、アパートに不具合が出た場合に改修費が足りなく恐れがでてきます。また、アパートの借り手が全て滞納しないとも限らないのです。家賃を滞納する人から取り立てることが難しい場合もあります。空室ではないのに収入が入らないという状態になります。空室は埋めれば収入になりますが、滞納は取り立ての経費ばかりがかかって収入にならない可能性があるのです。

利益を出すには経営能力が必要

アパートを経営して、利益を出すためには経験や経営能力が必要です。経費や返済などの出ていくお金を家賃収入より低くしておかないと、毎月払うお金ばかりになってしまうでしょう。そのためには家賃を増やすか、出ていくお金を減らす必要があります。
しかし、家賃を高く設定してしまうと、借り手が減る可能性が高くなります。近隣地域の他の物件と比較をして、魅力的な家賃を設定することが大事です。
また、借りたいと思うアパートにするために内装を変えたり、外見を綺麗にすることも必要です。そのためには経費をかけることも重要になります。
バランスよく経費をかけて、収入が最大になるように家賃を設定するためには経営能力が必須と言えます。

ローンが残っているときは

アパートを相続しても、アパートに払うべきローンが残っているときにはローンを払い続けなければなりません。アパートを相続するというのは未払いのローンも相続するということなのです。アパートだけを相続するということはできません。家賃収入の一部をローンの返済に充てる必要があるので、手元に残るお金は総家賃から経費やローン返済を差し引いた金額になります。
ローンを組んでいる会社との話し合いで毎月払う金額を交渉することはできるかもしれませんが、基本的には相続前と同様の条件で払うことが多いです。ローンがある場合にはローンを考慮しながら、家賃収入の使い道を考える必要があります。

まずは買取相場を確認してみよう

アパートを相続してからアパート経営にリスクが多くあると感じたり、経営能力が必要だと感じることもあります。
更に、ローンが残っている場合には家賃収入の中から払うことになります。経営するのが難しいと感じるのであれば、売却を検討してもいいと思います。その時には買取相場を確認することから始めましょう。