どれぐらいかかる?土地の相続登記費用

土地の相続登記に必要になる費用には、司法書士への依頼料と手続きそのものにかかる費用の2種類があります。

いざ手続きを行う段階になって慌てないためにも、予め費用について知識を持っておくことが望ましいと言えるでしょう。

司法書士の報酬

手続きを自分で行わず専門家である司法書士に依頼した場合、報酬を支払うことになります。

依頼料がいくらになるかは事務所によって異なりますが、平均的な報酬額は5~8万円程度と言われています。相続した不動産の数や依頼する手続きの種類によっても金額は変わってくるので注意が必要です。

司法書士の報酬は事務所が自由に決めることができます。安さをアピールしている事務所も多いですが、後になって追加料金をどんどん請求されて結局高くついたというケースも多くあるので、目先の安さに飛びつかないように気を付けましょう。また、どんなに頼りになる司法書士であっても、地理的に離れている場合は依頼しない方がいいでしょう。交通費と時間が余計にかかってしまうことになります。

登録免許税とは

相続登記の申請にかかる免許代を、登録免許税と言います。登記申請をする段階で法務局に納める税金で、相続登記の場合、金額は相続する不動産の固定資産評価額の0.4%となっています。固定資産評価額は、年1回送られてくる納税通知書に記載されているほか、市区町村に問い合わせることでも確認することが可能です。

登録免許税は窓口で直接お金を払うのではなく、収入印紙を購入することで納めます。登記申請書の最後に白紙を付け、そこに貼り付けるやり方が一番簡単な方法でしょう。収入印紙は郵便局のほか、法務局の印紙売り場でも購入することができます。

その他の費用

この他にも、登記簿謄本代や、被相続人や相続人の戸籍謄本取得費などが必要になります。

登記簿謄本は法務局で取得できる書類です。相続登記が完了した後、登記内容に間違いがないか確認するために使用します。取得には1通600円がかかります。

相続登記には、被相続人と相続人全員の戸籍謄本が必要で、特に被相続人の戸籍謄本は出生から死亡までの一連のものを用意しましょう。1通450円程度が取得費用となります。

これ以外にも、相続人全員分の印鑑証明や土地の持ち主となる人の住民票など、必要になる書類はいくつかあります。書類以外では、交通費や郵便代も忘れてはいけません。

依頼する際は費用をしっかり確認しよう

相続登記は自分でも行えますが、いろいろな書類を集めるのは手間がかかります。時間が取れないときは専門家に依頼するのもおすすめです。ただし、専門家に依頼すれば必要な費用は大きくなります。予め費用について相談し、どれくらいかかるのか把握しておきましょう。