実家を複数の兄弟で平等に相続するには?

遺産は平等に分割しないと後日トラブルの元になる可能性があります。現金であれば平等に分割することは簡単ですが、実家などの不動産は分割の仕方に悩んでしまうものの一つです。
そこで、実家を平等に相続する方法について説明していきます。

実家を全員で共有する方法

不動産の相続には共有名義で相続する方法があります。誰が相続するかで揉めるようであれば、全員で相続すれば揉めることはなくなります。
しかし、共有名義で相続した際のデメリットについては事前に把握しておくことが重要です。相続した不動産の権利は名義人全員になるので、後日不動産を売りたいと考えた場合でも名義人全員の同意を得ないと勝手に売ることができなくなってしまいます。
また、共有名義人が増加し、不動産の扱いがより難しくなることも認識しておく点です。名義人が増えるケースは、共有名義人の一人が亡くなり、その人の妻や子供たちが新たに共有名義人になる場合です。

1人が相続し他の相続人に現金を支払う代償分割

実家を残したい人がいた場合には、代償分割という方法が利用できます。
代償分割とは、不動産などを相続した人が、他の相続人に対して相続額が平等になるように現金(代償金)を支払う相続方法です。
ただし、実家を相続した人の手元資金から代償金を支払うため、十分な貯蓄がないと代償分割が行えません。
貯蓄がない状態でどうしても実家を残したい時は、ローン(借金)などで資金を用意する手段もありますが、住宅ローンの対象外として扱われ、利子が高くなる可能性があります。
なお、現金を支払う時には贈与として扱われないように、遺産分割協議書に代償であることを明記しておくことが必要です。

家を売った現金を平等に分割する換価分割

誰も実家を相続したくない場合には、実家を売却し、売却金を分割する換価分割がおススメです。
ただし、売却して手にいれたお金には所得税が発生します。また、売却するには不動産契約を結んだりするため、手数料などの諸費用もかかり、これらの費用を売却金から引いたものが分割対象のお金です。
なお、不動産の売却に関わらず、相続税も発生しますが、相続税は不動産の評価額によって算出されます。そのため、仮に売却額が評価額よりも少なかった場合でも相続税が減ることはありません。
損をしないように売却額だけでなく評価額にも注意することが必要です。

住む予定がないなら換価分割が現実的

不動産を維持するには費用が発生します。また、空き家になってから3年以内であれば売却金の3000万円までが控除対象になるため、利用する予定がなければ売却するのが経済的にお得です。
さらに、平等に分割できるので後日トラブルになるケースも少なくなります。