親の持ち家を相続する際の注意点とは?

突然、親の持ち家といった財産を相続する必要性に迫られた場合、どのような問題が生じてくるのか想像できる人はそれほど多くはいないのではないでしょうか。そこで今回は、親の持ち家を相続する際に陥りやすいトラブルや円満に財産分与を行う方法などを紹介します。

おすすめできない共有名義

共有名義では相続が発生した場合、持ち家など不動産の権利が複雑化するというデメリットな一面があります。例えば、マイホームを購入する費用の一部を親にサポートしてもらい、その後、親が亡くなったとしましょう。
この場合、もし相続人がマイホームの所有者である子ども一人だけではないとすると、共有名義人として親が持っていた持ち家の権利も財産とみなされ、遺産分割の対象になります。このように共有名義には、相続の手続きが面倒になってしまうというリスクがあると言えるでしょう。

また、相続する財産を分割する場合、財産である持ち家を共有財産という名目で相続人が引き継ぐ事もあり、この際トラブルに巻き込まれるリスクも生じてきます。

例えば一郎、二郎、三郎の三人が相続にて土地を共有名義で得たとします。しかし、この土地には既に三郎が所有する家が建っています。この場合、もし一郎と二郎が土地を売却してお金に換えたいと考えても、三郎の同意を得る事は難しいと言えるでしょう。そのため、一郎と二郎は共有名義として持っている土地を活用できない状態に陥ってしまうのです。このように共有名義となっている財産の相続はトラブルの元にもなってしまう事があるので注意が必要です。

部分的に売却できないのが難点

共有名義のデメリットとしては、財産が持ち家といった不動産の場合、全てを売却するかしないかという二者択一になってしまい、部分的な売却ができないという点があります。親や子供が共有名義人となっている持ち家がある場合、持ち家を売却する際には共有名義人となっている全ての人の同意を取り付ける必要があります。仮に子供が持ち家の売却を望んでいるとしても、もう一方の共有名義人である親が売却を拒んでこれからもずっと住み続けたいと主張すれば、事実上売却は不可能です。どうしても売却したいという場合には、単独名義に変更する手続きが必要となってきます。

売却して現金を分ける方法も

均等に分けるのが難しい共有名義となっている持ち家などの不動産ですが、トラブルなく相続する方法として、親の持ち家を売って現金に換え、そのお金を相続した人たちで分割して受け取るという換価分割という考え方があります。

親の持ち家に家族の誰かが住んでいる場合、売却に難色を示すケースが多いと言えますが、換価分割ならスムーズな相続が期待できるでしょう。
また親の持ち家を一人で相続して、その後持ち家を売却して得た現金を他の相続人に支払う代償分割という方法もあります。代償分割は、持ち家などの不動産をすぐに売れない場合などに有効な方法と言えます。

相続発生前に売却を検討してみよう

親の持ち家を相続する必要性が生じると、財産分与の面で様々なトラブルに陥るケースがあるという事が分かって頂けたのではないでしょうか。スムーズかつ円満に解決する為にも、持ち家の売却について相続が発生する前に一度家族みんなで考えて見るのもいいでしょう。