相続した不動産!どうやって遺産分割する?

土地や建物といった不動産は、現金と違い平等に分けることができません。遺産分割の方法を巡ってトラブルになることも多いため、どのような分け方があるのか予めチェックしておき、メリットデメリットについて知っておくといいでしょう。

共有のメリットとデメリットについて

共有とは、不動産を法定相続分に基づいて複数人で所有することを言います。手続きが非常に簡単だというメリットがあり、遺産分割協議を行う必要もありません。相続人の中に認知症の人がいる場合などでも対応することができます。

共有のデメリットは、不動産の処分が難しくなってしまうという点です。相続が起こった段階では問題なくても、時間が経ってから不動産を売却したくなることはよくあります。共有状態では、不動産の処分には共有者の承諾が必要になるため、自分だけの意思ではどうすることもできません。一人が反対すればもう売却はできなくなるのです。

共有者が亡くなって更に相続が起こると、共有者が増えて余計に所有関係が複雑になってしまうというデメリットもあります。

代償分割のメリットとデメリットはあるの?

代償分割とは、1人の相続には不動産を相続し、他の相続人に対してその代償金を支払うという方法です。

代償分割のメリットは、公平な遺産分割ができるという点です。不動産を受け取るのは1人ですが、他の相続人はその代わりにお金を受け取ることができます。不動産を相続した人は、自分の判断で自由に処分することが可能となります。

反面、代償分割は不動産を相続する相続人の金銭的負担が大きくなるというデメリットがあります。代償金を支払う必要があるので、不動産の価値が高ければ高いほど、経済的な余裕がなければ選択できない方法と言えるでしょう。

換価分割のメリットとデメリットとは?

換価分割とは、不動産を売却し、その売却代金を法定相続分に従って分けるという方法です。

換価分割は、完全に公平な形で遺産を分割することができます。不動産は分けられませんが、現金であれば分割しやすいからです。更に不動産が後に残らないため、処分方法で頭を悩ませる必要がないのもメリットと言えるでしょう。

ただし、この不動産が後に残らないという点がデメリットに転じるケースもあります。思い入れの強い実家であったり、先祖代々守って来た土地であったり、その不動産自体に価値を感じていたりしても、換価分割を行ってしまえば残りません。また、売却に関する費用が発生することも把握しておく必要があります。

どの方法がよいか慎重に検討しよう

どの分割方法を選択すべきかは、不動産の状態や相続人それぞれの経済状況、考え方などによって異なります。

不動産はトラブルの元になりやすいため、自分達だけで解決するのが難しい場合は、弁護士などの専門家に依頼することも視野に入れておきましょう。