相続したマンションを売りたいときは?

相続したマンションを売りたいけれど、売却の手順が分からないという人も多いのではないでしょうか。使わないマンションを放置していると劣化が進み建物の資産価値が下がるので、売却するなら早めに行動するのが大切です。そこで、マンション売却の流れやポイントについてご紹介します。

まずは査定を依頼しよう

相続したマンションを売却すると決めたら、まずは不動産会社に査定依頼を出します。査定依頼を出すことで売却予定のマンションがいくらで売れるのか、おおよその見当がつきます。
大切なのは1つの不動産会社だけでなく、複数の不動産会社に査定依頼を出すことです。一社のみの査定だと、査定額が相場に適した金額なのか判断するのが困難です。複数の不動産会社に査定依頼を出せば査定額を比較できるので価格相場が把握できますし、より高い査定額を提示した不動産会社を選ぶこともできます。また査定自体は無料で行う会社が多いので、複数の不動産会社に依頼したとしても金銭的な負担は少ないです。

仲介には一般媒介と専任媒介がある

相続したマンションの査定額が算出された後は、不動産会社と仲介契約を結ぶことになります。この仲介契約には一般媒介と専任媒介の2種類があるので、注意が必要です。
一般媒介とは複数の不動産会社と仲介契約を結ぶことです。複数の会社が窓口となるので買い手の幅が広がりますし、マンションの持ち主自身が買い手を見つけて売却もできます。
一方で、専任媒介は1つの不動産会社のみと仲介契約を結ぶことです。専任媒介には不動産会社から売主への報告義務があるので、進捗状況を把握しやすいというメリットがあります。また専任媒介の契約期間は最大でも3カ月と決められています。そのため3カ月以内に契約を成立させる為に、経費をかけて積極的な営業活動を行ってもらいやすいのも特徴です。

仲介と業者買取の違い

マンションを売却する際は不動産会社と仲介契約を結ぶのが一般的ですが、業者買取という売却方法も存在します。
まず仲介とは、契約した不動産会社にマンションの購入希望者を探してもらう方法です。購入希望者との売買契約が成立したら、仲介契約を結んだ不動産会社に仲介手数料を支払うことになります。
一方で業者買取は、不動産会社が直接マンションを買い取る方法です。業者買取では宣伝活動や仲介業務が行われないので、仲介手数料も発生しません。ただし仲介が相場を基準とした価格設定で販売されるのに対して、業者買取は相場より安い価格で買い取られる傾向にあるので注意が必要です。

急ぐ場合は買取がおすすめ

マンションを売却する際は、査定依頼を出して不動産会社と仲介契約を結ぶのが一般的です。仲介は不動産相場に沿った価格で売却できるので、少しでも高く売りたい人にとってはメリットが大きいです。
一方で業者買取には売却期間の短さというメリットが存在します。仲介契約が売却まで3カ月~6カ月程度かかるのに対し、業者買取は1週間~1カ月程度で成立することが多いです。そのため急いでマンションを売りたい場合などは業者買取が有効です。