相続したマンション!売るべきか貸すべきか

相続したマンションの扱いに関して、どうしたら良いのか迷うことも珍しくありません。貸して家賃収入を得るのか、あるいは売るなどのやり方があるので、それぞれのメリットやデメリットを知った上で決断するようにしましょう。

貸すメリットとデメリット

相続したマンションを貸す際のメリットは、入居者さえ見つけることができたのなら、毎月家賃収入が得られるという点です。それ以外にも礼金が入ってくる可能性もあります。そして固定資産税などは経費になるため、税金が安くなるといった恩恵も受けられます。
ただし、マンションを誰かに貸すのであればデメリットも存在します。基本的に建物は時間の経過とともに価値が下降していきます。それに伴って家賃も下がっていくのが普通ですから、収入が減る可能性があるのです。それから、何年かに一度の間隔で大規模な修繕を行わなければならないので、お金がかかります。

売るメリットとデメリット

貸す時とは違って、マンションの管理をする費用も手間もかかりません。おまけに築年数が浅いうちに売ることができれば、高値がつく確率が高いです。加えて、相続してすぐに手放してしまえば、固定資産税を払い続けなくても良いので負担が減ります。
売った時のデメリットは、家賃のように継続的な収入がなくなることです。その場は売って得たお金を手にできるものの、トータルで考えると家賃収入の方が多くなる場合も珍しくありません。そして相続したマンションの場合、建物よりも現金の方が価値があるため、相続税が高くなってしまうことがあります。

売ってもローンが完済できない場合は

ローンが残っている状態では抵当権が設定されていることが一般的で、もしそうなら売るのは困難です。仮に金融機関との合意によって任意売却が可能になり、マンションが売れたとしても、ローンを払いきれなければ下手をすると自己破産する羽目になるでしょう。
それなら無理して手放さずに、賃貸物件として所有し続ける方が得になる場合も多いです。安定した収入が見込めるなら、そのうちの何割かをローンの返済に回せば良いのです。
そしてローンを完済できたら、そこで改めて売るのかこのまま継続して賃貸経営をしていくのかを検討しましょう。

将来も住む予定がないなら売却がおすすめ

今後も相続したマンションに住む予定がないなら、売る方向で検討しておく方が得策です。ローンが残っているなら話は別です。しかし、そうでないなら、高値がつく可能性が高いうちに売ることによってまとまったお金を得られます。それ以外にも管理費や固定資産税を払わなくて済むからです。