これで不安解消!不動産売却の悩みと対処法

不動産を売却したいけれど不安があって手続きを始められないことがあります。十分に高い金額で売れるのか、そのままの状態で買い手を見つけられるのかといった不安を抱えることがよくありますが、不動産会社の力を借りる対処法を知っておくと安心です。

売却してもローンを全額返済できるか心配

住宅ローンを利用して購入した不動産の売却をするときには、売却によって手に入れた現金でローンを全額返済できるかが不安になるでしょう。不動産の価値が低下していてローンを返せない可能性が全くないわけではありません。このような不安を抱いたときには、まず不動産会社に連絡して査定を受けてみるのが良い方法です。その査定価格がローンの残債よりも十分に大きければ安心して売却手続きを始められます。不動産会社に仲介を依頼して買い主を探し出してもらえば、査定価格から想定していた金額程度の現金に換えられると期待できます。

古いマンションがリフォームなしで売れるか心配

築年数が古くて、設備などもあまり整っていないようなマンションを売却したいというような場合には、そのままでは買い主が見つからないのではないかと不安になりがちです。リフォームしなければ売れないケースもあるのは確かですが、不動産会社に相談して手を加えないままで売れる可能性についてアドバイスをもらえば概ねわかります。その地域での需要をよく理解しているので、査定を依頼すると売れる可能性についても判断してくれるので問題ありません。そのアドバイスを聞いてそのまま売却するか、あるいはリフォームして売却するかを決めれば良いでしょう。

手続きの進め方が分からず心配

不動産売却をしようという気持ちはあっても、手続きの進め方がわからないで始められない人もいます。全体の流れを把握しておくのは重要であり、誤った手順になっていないかを確認しながら進めていくに越したことはありません。不動産会社に連絡して査定を受け、媒介契約を締結して販売活動を行ってもらうのが基本です。買い主が見つかったら売買契約を締結して引渡日を決定します。そして、引渡日に決済を行ってもらうというのが通常の流れです。細かな部分については不動産会社が逐一説明をしてくれるのであまり心配はありません。必要な書類の準備なども前々から連絡してもらえるので、その指示に従って進めれば売却を終えられます。

まずは不動産会社に相談してみよう

不動産売却について不安があるときには、まずは不動産会社に相談すれば大抵は解決に導いてくれます。売却の手続きを進める上で不動産会社への依頼が最初のステップになるので、そのまま手際良く売却まで終えることが可能です。