土地を相続したときの遺産分割協議書の書き方

土地を相続する時は、遺産分割協議書の作成をするといいと言われています。これは、相続人全員が合意して署名と押印をする書類で、後々のトラブル回避ができるものです。そこで、遺産分割協議書についてご説明しますので参考にしてください。

遺産分割協議書とは

遺産分割協議書とは、遺産の調査や相続人が確定した後に作る書類のことです。法定相続人へ財産を分ける時に、協議をして決まったことを残しておきます。分割協議の内容がまとまれば、相続人全員の財産だったものをそれぞれの個人所有物にすることができるのです。 遺産分割協議書は正式な書類となり、撤回することができません。また、書き換えたい時は相続人で話し合い、全員に合意を得ることになります。遺産分割協議書の作成は必須ではありません。しかし、不動産の名義変更などでは書類を添付することになります。作成する時は、代表者が1通作り他の人が合意したら実印を押してもらう方法が一般的です。

相続人全員の署名と押印が必要

遺産分割協議書には、相続人となる全員の署名と押印が必要になります。もし、一人でも合意しなければ遺産分割協議書を作成しても無効になるのです。しかし、全員が一度に集合しなくても構いません。遠方に住んでいる人や入院中など事情があるので、電話などで説明をして全員の合意があれば有効になります。認知されている隠し子などがいれば、その人も含めて作成しないと無効になるので注意が必要です。遺産分割協議書は、三文判でも有効とされていますが、手続き上で関わる法務局や銀行などは実印でなければいけません。よって、全員が実印で押すようにしましょう。

土地の名義変更にも必要な遺産分割協議書

土地の名義変更をする時にも、遺産分割協議書が必要になります。名義変更をする時に遺言書がない場合は、遺産分割協議書を作成していないと手続きできないことになっているのです。相続登記には期限がないためそのまま手続きをしていない場合があります。しかし、名義変更をしていなかったことで、後からトラブルになることがあるので速やかにするようにしましょう。また、不動産には時効取得があり他の人に一定期間占有されると、他人の財産になることがあります。よって、遠方の土地で使い道がなくてもしっかりと名義変更をしておかなくてはならないのです。土地の名義変更をする時は、遺産分割協議書を作成してから登記申請書を書き、法務局に提出します。

不安な点があったら専門家に相談

土地の相続問題は、親戚との関係にも影響を及ぼします。しっかりと分割をするには、遺産分割協議書を作成した方がいいのです。もし、不安なことがあれば専門家に相談することもできます。協議から書類作成まで任せることができ安心できるでしょう。