どうする?実家を相続したくない場合の対処法

親や兄弟が亡くなったために実家を相続するケースはよくあることですが、実家に住んだりしなければ相続してもどう扱っていいか困ってしまうものです。以降では、実家を相続しなくて済む方法について紹介していきます。

分割協議で他の相続人に相続してもらう

被相続人が亡くなると、遺産について誰が何を相続するかを相続人が話し合いをして決めます。この話し合いのことを遺産分割協議と言い、話し合いに参加できる対象は相続人全員です。自分では実家の利用用途がなくても、他の相続人の中には利用したい人がいるかもしれません。利用したい人がいる場合にはその人に実家を相続してもらい、自分は他の遺産を相続するということもできます。ただし、他の相続人が納得できるように公平に遺産を分割することが重要です。協議が揉めそうな場合は弁護士にも一緒に参加してもらうなどの対応が必要になります。

相続を放棄する

実家を相続しない確実な方法は、相続放棄をすることです。ただし、相続権自体を放棄することなので、先に述べた実家以外のものを相続することもできなくなってしまいます。さらに、一度手続きを行うと撤回することができないため、相続放棄を実施する場合は必要性について事前に十分な検討をすることが大切です。また、相続を放棄するには期限があります。裁判所へ申請(申述)する期限は、被相続人が亡くなってから3ヵ月以内です。なお、相続を放棄することによって他の相続人が支払う相続税は増加することがないため、税金の面で他の相続人に迷惑をかけることはありません。

売却して現金で分ける

相続人が自分しかいない場合や他の相続人も相続したくない場合には、実家を売却して現金化する方法があります。不動産を所有していると、固定資産税などの税金の支払いが毎年必要です。また、実家に誰も住むことがなく空き家になると、老朽化などにより家が傷んでいることに気づくのが遅くなってしまいます。倒壊などにより近隣の住民に迷惑をかけないために、定期的に訪れて確認する手間や必要に応じてメンテナンスをする費用が発生します。売却する場合にも税金が発生しますが、維持する場合のコストと比較して一時的な支払いの方がメリットがある場合には、売却してしまうのがおススメです。

査定依頼してみよう

誰かに相続してもらう場合でも売却して分割する場合でも、実家がどれくらいで売れるかを知っておくことはどの方法を選択するか判断するために重要です。なお、正確な金額でなくてもおおよその金額だけであれば調査費用が安く済むこともあります。