相続した不動産の代償分割とは?

土地や建物といった不動産は、現金のように公平に分けることができません。では遺産に不動産が含まれているときはどのように遺産分割をしていけばいいのでしょうか。
不動産の分割方法の1つが代償分割です。そのメリットとデメリットについてチェックしてみましょう。

代償分割のメリットについて

代償分割では、1人の相続人が不動産を相続する代わりに、他の相続人に相応の大所金を支払うと言う不動産の分割方法です。1人だけが不動産を相続する不平等感を、お金で埋め合わせるやり方と考えるといいでしょう。
代償分割のメリットは、不動産を手放すことなく平等な遺産分割が行えるという点です。共有とは違い、代償金さえ支払えば不動産を単独取得できるのも大きなメリットと言えるでしょう。取得した人が自由にその不動産を処分することができるので、将来売却するときや更に相続が発生した場合でも、必要になる手続きをシンプルにすることができます。

代償分割のデメリットについて

代償分割のデメリットは、不動産取得者の経済的負担が大きいという点です。不動産を手放せない事情があるからこそ代償分割を選択したのですから、不動産を売って代償金を作るという方法を取ることはできません。つまり代償金の支払いは自分の家計から工面する必要があるのです。支払い能力がなければ、いくら不動産をもらいたいと言っても通らなくなってしまいます。ある意味、非常にシビアな分割方法と言えるでしょう。
相続してから代償金の支払いができなくなってしまうと、支払いを求める訴訟に発展する可能性もあります。そうなると手間が増えるだけではなく、相続人同士の関係も冷え切ってしまう危険性があるのです。

その他の分割方法は

不動産の分割方法には、他に現物分割や換価分割、共有と言った方法があります。
現物分割は1人が不動産を相続する方法です。他の相続人は何も受け取ることができないため、特にめぼしい財産が不動産だけという場合は不平等感が強くなってしまいます。
換価分割は、不動産を売却し、売却代金を相続人同士で分けると言うやり方です。平等ですが、不動産は手放すことになりますし、売却にかかる費用で財産が減ることも考えられます。
共有は、不動産を複数の相続人の共同名義にするやり方です。遺産分割協議を行わなくていいメリットがあるものの、将来的に不動産を処分することが難しくなってしまうという大きなデメリットがあります。

代償分割が難しい場合は売却も検討してみよう

代償分割は不動産を手放すことなく、平等に遺産を分けることができる方法です。ただし不動産を取得する人の経済的負担が大きくなるというデメリットもあります。
代償分割が難しい場合は、公平さを重視して売却を検討するのもおすすめです。