空き家対策はこの3つの方法で検討してみよう

急に近親者が無くなったりすると、家が空き家になってしまうことが多いです。そのような、人が住んでいない家というのは、目が行き届かないために傷みやすくなってしまう傾向にあります。そこで、空き家にならないための3つの方法をここではご紹介していきます。

賃貸を検討してみる

空き家対策としてまず検討すべきなのは、賃貸にしてしまうという方法です。すぐに住める家であれば家賃収入を得られますし、後々修繕するための資金を家賃から出すことも可能です。賃貸にするためには住んでくれる人がいることが条件ですが、場所や家賃次第では借りてくれる人もいます。借りる人がいないだろうと思い込む前に、不動産屋に相談するといいでしょう。家賃相場や近隣の賃貸の情報を得ることができます。実際に賃貸にする際の有益なアドバイスを得ることができるのです。そのアドバイスからリノベーションが必要かを考えたり、清掃だけでいいのかなどを考えるといいでしょう。地域で借りたいという人がいることが分かれば、賃貸は有益な空き家対策になります。

自身や親族が住めないか検討してみる

すぐに実行できる空き家対策としては、自身や親族が住むという方法が考えられます。空き家になってしまう家は交通の便が不便だったり、職場まで離れてしまう可能性もあります。その不便さを考慮しても家が傷むよりはいいと考えられるのであれば、自身で住むというのはいい空き家対策です。自身で住むことができない場合は、親族に住めないかを聞いてみるという方法もあります。空き家で誰も住まない状態になると、メンテナンスが行き届かない可能性が出てきます。それを防ぐために親族に住んでもらうという方法は決して間違いではありません。維持費をかけて空き家を維持するくらいなら、親族に住んで維持してもらう方がいいでしょう。

売却を検討してみる

空き家にしてしまうくらいなら、売却を検討することも大事です。空き家になってしまうと家の価値は下がる可能性が高いので、売却するなら時間をかけずに行うことが重要です。ただし、空き家の権利や相続などで時間がかかることもありますので、売却するまでは家を綺麗に維持する必要があります。また、売却をする場合は慎重に検討しましょう。親族が納得してないと、揉める可能性があるからです。空き家になる家が親族の思い入れが強い家である場合には、親族で決定する機会を持つと禍根を残さないでしょう。その過程を踏むということが大事なのです。

家が傷む前に早めの対策を

1つ目の空き家対策としては賃貸にするという方法があります。借り手がいれば、借りてもらって家賃を得る方法が良いでしょう。2つ目は自身か親族が住むという方法です。不便さがなければ検討に値する方法です。3つ目としては売却してしまうという方法です。どの方法を選ぶにしても家が傷む前に対策を取る必要があります。