不動産売却でよくある悩みと解決法

不動産売却をしようと考えたは良いものの、なかなか手続きを始められなかったり、売りに出したのに思い通りにいかなかったりすることは珍しくありません。売却をするときによくある悩みの解決法を知っておきましょう。

なかなか買い手が見つからない

不動産売却をしようと不動産業者に仲介を依頼してみたものの、買い手が見つからずに売れないということはよくあります。この場合には、不動産業者が販売活動を積極的に行っているか確認してみるのがまず重要です。仲介を依頼されても特に物件の紹介をしていないこともあるので、その場合には他の不動産業者に仲介を依頼することで解決できます。一方、不動産の販売価格が相場に合っていない可能性も否定できません。別の業者に不動産の査定を依頼して相場に合った価格で販売しているかを確認し、高い場合には少し下げてみることも重要です。この他にも物件の手入れやリフォームによって対策することもできます。

売却してもローンが返済できるか心配

ローンを組んで購入した不動産を売却したいというときには、売却によって得られる現金でローンを返済できるかどうかが心配になります。売却額から諸費用を引いた金額がローンの残債以上になっていなければ、別の手段でお金を工面して充当しないと売却自体ができないのが原則だからです。まずは査定を受けてみてローンの返済が可能な価格が付くかを確認するのが最優先になります。後は不動産業者と交渉して、少なくともローンを返済できる価格で売りたいことを伝えれば協力してもらうことが可能です。また、相場から考えて完済が難しい場合には任意売却を利用することもできます。

どこを探しても権利証が見つからない

不動産売却をするときには所有権を移転しなければなりません。その手続きをする上で不動産の権利証が必要になるのが原則ですが、紛失してしまっていることもしばしばあります。権利証はあくまで不動産の所有権を主張するために必要なものなので、紛失してしまっても別の手続きで登記手続きを行うことは可能です。司法書士に依頼して本人確認情報を作成してもらうか、事前通知制度を利用すれば問題ありません。事前通知制度は権利証がないことを予め法務局に理由を付して連絡すると通知書が届き、そこに実印を押して送り返すという形で登記申請を行えるというものであり、比較的短期間で手続きを行えます。

売却するなら早めに準備を

ローンを組んで購入した不動産を売却したいというときには、売却によって得られる現金でローンを返済できるかどうかが心配になります。売却額から諸費用を引いた金額がローンの残債以上になっていなければ、別の手段でお金を工面して充当しないと売却自体ができないのが原則だからです。まずは査定を受けてみてローンの返済が可能な価格が付くかを確認するのが最優先になります。後は不動産業者と交渉して、少なくともローンを返済できる価格で売りたいことを伝えれば協力してもらうことが可能です。また、相場から考えて完済が難しい場合には任意売却を利用することもできます。