知っておきたい!不動産の相続登記費用はどれぐらいかかるの?

相続登記とは

相続登記とは、不動産の所有者が亡くなったときにその不動産の相続人に登記名義を変更する行政手続きです。
土地や住宅などの不動産は登記簿上で管理が行われていて、正しく登記されていることによって名義人が所有権を行使することができます。
被相続人の遺産として相続人が所有するためには名義変更が必要になるため、この手続を行わなければなりません。
基本的には遺産分割協議を行った際に相続人の間で誰が所有するかを定めています。
手続きをするには相続する不動産を管轄している法務局に

 

司法書士に依頼すると

不動産の相続登記をするときには、一切の手続きを司法書士に代行してもらうことが可能です。
相続登記申請書や登記原因証明情報、住所証明情報などを用意して法務局で手続きをするのは手間がかかりますが、司法書士に依頼すれば必要な書類の準備も手続きも全て行ってもらうことができます。
司法書士に依頼したときにかかる費用は地域差もあって一概には言えませんが、実費に加えて2万円から7万円程度の司法書士報酬を支払うのが基本です。
遺産分割協議の際にも司法書士に依頼することが多いため、それと合わせて相続登記も行ってもらうのが一般的になっています。

 

実費はどれぐらい

相続登記にかかる実費は物件の状況によって差があります。
相続登記申請に必要になる登録免許税は固定資産税評価額の0.4%と定められているからです。
5000万円の評価額の場合には20万円が実費として必要という計算になります。
また、他に必要な書類の発行をしてもらうためにも費用がかかり、登記簿謄本や戸籍謄本の発行費用と取り寄せにかかる費用で2000円前後がかかるのが一般的です。
司法書士に依頼したときには取り寄せのための手数料も上乗せされるので気をつけなければなりません。
また、遺産分割協議書や相続関係説明図などについては司法書士に依頼して作成してもらうものなので、手数料という扱いになってそれぞれ5000円から1万円程度かかるのが通常です。

 

自分でやれば費用は抑えられる

不動産の相続登記には費用がかさみますが、大半は登録免許税になっています。
少しでも費用を削減したいと考えるなら司法書士に依頼することをやめて手数料をかけないことが重要です。
手間がかかるのは確かですが、行政手続きなので形が決まっていて難しいことはあまりありません。