どうする?父から相続した不動産の名義が亡くなった祖父のまま

父から不動産を相続する事になった場合、名義が亡くなった祖父のままだったらどうしたらいいのでしょうか?相続は、争続ともいわれることもあるくらい円満に終わっていないことも多く、不動産名義がそのままという事も多々あります。そこで、父から相続する不動産が祖父の名義のままだった場合の対処法を説明します。

 

祖父からの相続手続きが必要

相続した不動産の名義が、祖父の名義のままだと相続する事はできません。
相続するためには、まず父の名義にするため登記をする必要がありますが、それには祖父が亡くなった時の法定相続人にあたる相続人全員の承諾が必要です。
承諾とは、単に口頭で認めるだけでなく、書類に相続人の自筆の署名と印鑑登録してある実印の捺印をしてもらうことです。
本来であれば、亡くなってから法定相続人全員で協議して、遺産分割協議書を作成し、相続登記申請を行い名義の書換えを行います。
名義が祖父である以上、実際は父の不動産ではなく、法定相続人の法律で決められた各相続持分が、各相続人の権利となります。
法定相続人の持分とは、亡くなった時の配偶者が2分の1、残りの2分の1を子の人数で割った数です。

 

父の兄弟も相続人

父に兄弟がいて祖母も亡くなっている場合は、父と兄弟にそれぞれ3分の1の法定相続持分があります。
相続する本人が父の兄弟と協議し、父の名義にするために兄弟の承諾が必要です。
もし兄弟の承諾が得られなければ、祖父の名義のままになり相続する事はできません。
遺産分割協議はしても登記がされていなかったり、そもそも遺産分割協議がされておらず被相続人の名義のままになっている不動産は、全国的にも多くあります。
亡くなった父が、固定資産税を払ったり維持管理してきたのであれば、円満に相続するためにも、そのことを誠実に伝えることが大切です。

 

もし父の兄弟が亡くなっていたら

もし父の兄弟が亡くなっていたらどうでしょうか。
その場合、父の兄弟の子に承諾を得なければなりません。
それぞれ兄弟の持分を子の数で割った分が、子の相続持分として権利があるため、子2人の署名・捺印が必要となります。
たとえば兄に2人子がいたら、兄の持分3分の1を2で割った6分の1が、それぞれの持分です。
弟が亡くなっていた場合も同じように、子の署名・捺印が必要です。
このように相続をするための署名・捺印は、祖父と配偶者の間に生まれた子、さらにそこから生まれた子を血族といい、親子を1親等として6親等の血族まで続きます。

 

登記をしないで放置おくと相続人が増える

このように登記をしないで放置しておくと相続人が増え続けてしまいます。
相続が発生したらきちんと遺産分割協議を行って、遺産分割協議書を作成し、相続登記申請をして名義を書き換えておくことが子孫にたいしてもとても大切です。