兄弟が全員相続放棄すると相続した土地はどうなる?

両親が亡くなり、その財産を子供達が相続するというのは特に珍しい話ではありませんが、現金や預貯金等の金融資産ならともかく、土地や建物等の不動産のみであれば、場合によっては相続放棄を選択する方もいるかもしれません。
では、子供達全員が相続放棄をした場合、その相続財産はどうなってしまうのでしょうか。

 

兄弟全員の相続放棄は可能

法的には、相続放棄はそれぞれの相続人の独立した意思のみで行う事が可能ですので、一人一人が相続をしたくないという意思を持ち、所定の手続きを行う事で相続人である兄弟姉妹全員が相続放棄をする事ができます。
これらは別個に独立した手続きとなりますので、誰かが相続放棄をする際、他の相続人の同意は特に必要とされません。
そして、子供達全員が相続放棄を選択した場合、相続財産は第二順位の相続人へ移行する事となります。
第二順位というのは、主に被相続人の父母や祖父母であり、第二順位でも相続ができない場合は第三順位である被相続人の兄弟姉妹等へと移行します。
なお、被相続人の配偶者は常に相続人になり得ますし、遺言書等があった場合はまた異なってくるため注意しましょう。

 

相続放棄には期限がある

相続放棄を選択される際に気をつけなければいけない事として、手続きには期限が設けられているという点が挙げられます。
民法915条では、相続人は相続が開始された事を知ってから3ヶ月以内に承認か放棄をするかを決定し、その期間内に手続きをしないといけないという決まりになっています。
もし、その期限内に手続を行わない場合は単純承認をしたと見なされ、自動的に被相続人の財産を相続する事になってしまうため、注意が必要です。
なお、相続の開始時期というのは、一般的には被相続人が亡くなった時になる事が多いのですが、何らかの事情でそれを知らなかった場合は、それを知った時という形になります。

 

他に相続人がいる場合は

自分が相続放棄をした財産は、他の相続人で分割されます。
相続というのはプラスの財産だけではなく、マイナスの財産も同時に承継しますので、もし被相続人に借金等があった場合は、それも他の相続人で分割される事になります。
生前から被相続人との関係を築いており、その財産内容をしっかり把握している等の場合には良いでしょうが、そうでない場合は多少のリスクを伴うかもしれませんので、相続を承認するかどうかは慎重に判断した方が良いでしょう。
ただ、放棄の手続きをしてしまった後にそれを取り消すのは大変難しいため、放棄をする場合でも慎重さが求められる事に変わりはありません。

 

放棄するなら他の相続人に伝えよう

上述した通り、相続放棄をする際には個別に独立した意思のみで行う事ができますので、他の相続人に相談し、同意を得る必要は特にありません。
ただ、もし連絡が可能であるならば、遺産分割の割合等も変わってきますので、放棄の意思を早めに他の相続人に伝えた方が親切であると言えるでしょう。
特に、容易に分割する事のできない土地や建物に関しては、その処遇に相当な差が生まれる可能性もあります。