いらない土地を相続!どうすればいいの?

土地を所有している人の中で、ダントツに多いのが遺産相続で土地を受け継ぐケースです。しかしその土地が不要であった場合には、固定資産税などの税金だけがかかってしまい受け継いだ遺産が負債資産となってしまう可能性もあります。
ここでは、不要な土地を相続してしまった場合の対処法についてまとめてみました。

 

相続放棄する方法

いらない土地を受け継いでしまった場合に最も多く取られる手段として、遺産の相続放棄が挙げられるでしょう。
相続放棄とは、言葉の通り相続人であることを放棄することであり、この手段を取れば不要な土地を手放すことができます。
ただし、不動産を相続することを知ってから3ヶ月以内に家庭裁判所に通知しなければなりません。
また相続放棄をしてしまうと、その他にも相続するはずだった全ての財産を手放さなければならなくなるため十分な考慮が必要です。
何故ならば他の財産を手放してしまうことにより、総合的にマイナスになってしまう可能性もあるからです。

 

売却して処分

不要な土地であれば、売却することも一つの方法として挙げられるでしょう。
たとえ相続人の間では不要であったとしても、その土地を必要としている人がいる可能性は十分に考えられます。
特に都心部や環境に恵まれた地域であれば、売却することもそれほど困難ではないでしょう。
そのためにも土地を相続した場合にはその土地周辺の地価や価格相場をしっかりと抑えておく必要があります。
また資産価値が見込まれないと思っていた土地であっても、査定をしてもらうと評価額が思いのほか高かったというケースも少なからずありますので、専門家から適切なアドバイスを受けることも有効な方法です。

 

寄付という方法も

僻地などの土地を相続してしまった場合には、売却も見込めないかもしれません。
そんな時には、寄付をすることも頭に入れておくと良いでしょう。
土地の寄付が可能である候補先としては、法人や個人もしくは地方自治体などが挙げられます。
寄付をするのですから収益は全く見込めませんが、負債を背負うことも一切ありません。
ただしあまりにもその土地自体に有益性が見込まれない場合には、寄付という形をとっても受け取りを拒否されてしまう可能性もあります。
そうなってしまうと莫大な処分費用がかかってしまう危険性も考えられますので、相続する前に親族間で十分な話し合いを設け一人で抱え込まないようにしなければなりません。

 

農地なら農業委員会に相談

農地を相続した場合には、農業委員会に相談するのが最適でしょう。
農業委員会であれば、相続した農地を最善の方法で活用してくれます。
収益が見込める農地であればその土地を貸すこともできますので、しっかりと相談してみることをおすすめします。