不動産売却の仲介手数料無料って信用できる?

不動産を売却するために業者に仲介を依頼して買い手を探してもらうと仲介手数料がかかるのが一般的です。
業者によっては仲介手数料無料と宣伝していますが、本当に無料で販売活動を行ってもらうことができるのでしょうか。

 

仲介手数料とは

不動産売却のときにかかる仲介手数料とは、不動産の販売活動を行って売買契約書の締結をする斡旋をしてくれた業者に対する成果報酬です。
販売活動を行う上では広告を作成したり、顧客との連絡や交渉を行ったり、書類の用意をしたりするのに費用がかかります。
それに加えて業者が利益も得なければ立ち行かなくなるのは明らかです。
そのため、法律によって決められている上限額以下であれば報酬を請求して良いと定められています。
業者にとっては仲介を行った場合に手に入る唯一の収入源なので、上限額に合わせて請求しているのが一般的です。

 

なぜ無料にできるの

業者が仲介手数料無料にするのは利益を放棄することになるため、無報酬で働くことになるのではないかと考えられがちです。
しかし、仲介手数料は買い手にも売り手にも請求することができるので、一方だけ無料にしても他方から請求して利益を上げることができます。
より多くの不動産の仲介を依頼してもらえるようにするための戦略として、売り主の仲介手数料を無料にするという方法をとっていると考えられるでしょう。
それによって扱える物件数が増えて買い手も集めやすくなり、薄利多売の状況を作り上げて収入を維持しているのが仲介手数料無料の業者の特徴となっています。

 

別の名目で手数料が取られるケースも

仲介手数料無料と宣伝している業者を利用して不動産売却をするときに気をつけなければならないのが、必ずしも依頼をして一切手数料を払わなくて良いとは限らないということです。
仲介手数料としては費用を一切請求しない代わりに、別の手数料を申し受けるという業者もあります。
宣伝広告を行うための広告料、契約書を作成するための代行料といった形で、業者が行う一つ一つの仕事に対して手数料がかかることもあるので注意が必要です。
実費のみという対応をしてくれる業者も多いので、最初にいくらかかるかを内訳と共に教えてもらうことが重要になります。

 

業者選びは慎重にしよう

不動産売却にかかる手数料として大きいのが仲介手数料であり、無料で行ってくれる業者には魅力があります。
ただし、業者にとっては利益を減らすことになるので他の手数料が発生したり、宣伝広告があまり適切に行われなかったりする場合もあるので慎重に業者を選ぶことが必要です。